BOURGOGNE ALIGOTE 2018 / COCHE DURY ブルゴーニュ・アリゴテ 2018 /コシュ・デュリ(条件付)
new
60193039c19c454379df789b 60193039c19c454379df789b 60193039c19c454379df789b 60193039c19c454379df789b

BOURGOGNE ALIGOTE 2018 / COCHE DURY ブルゴーニュ・アリゴテ 2018 /コシュ・デュリ(条件付)

¥24,200 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

申し訳ございませんが条件付き販売とさせていただいております。 ストア内ブルゴーニュワイン(条件付き以外の造り手)を1点ご一緒にお買い上げください。 商品コード 輸入元ヴァンパシオン おそらく世界で最も希少で、最も愛好家が殺到するアリゴテ種になるワイン。 ノンフィルターの長熟型白ワインでブルゴーニュを代表する生産者として知られるドメーヌ、コシュ・デュリは国道74号線近く、ムルソー村中心部から少し離れと所に居を構える。1920年の設立時は町の中心部にあり、6つの畑の分益耕作からスタートした。少しづつ畑を購入し、特に1940年にドメーヌに入った2代目が所有地を拡大。現在3代目になってからも畑の購入は続けられており、最近に購入したのは1994年のピュリニー・モンラッシェ、1995年のムルソー。現在ムルソーの村名アペラシオンのリューディーは15区画を数える。分益耕作の割合は年々減少し、現在は10.5haのうち1.5haを残すのみである。ワインの元詰はドメーヌ設立時から始めているが、商習慣で今でも樽の1/3をネゴシアンに売却している。3代目の当主、ジャン・フランソワ・コシュ氏は、1964年にグランシャンにあるワイン農業高校を卒業後すぐにドメーヌに入り、10年間父親の下で働いた後、当主となった。ドメーヌ名のコシュ・デュリは氏の苗字と夫人の旧姓を結んだもの。ジャン・フランソワ氏が当主となって一新したのは機械類のみで、最低18ヶ月の長期熟成を特徴とする初代からのワイン造りを踏襲している。