{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

Echezeaux GC 2019 / Jean Grivot エシェゾー2019 ジャン・グリヴォー

残り1点

83,600円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

輸入元 エノテカ 言わずと知れた特級畑エシェゾーは、ヴォーヌ・ロマネ村の北側、クロ・ド・ヴージョの斜面の上部に位置しています。エシェゾーとは「集落」の意味。400年も前に、シトー派の修道僧が描いた絵地図にも、クロ・ド・ヴージョ、グラン・エシェゾー、エシェゾーの区画が描写され、当時からこれらがはっきりと区別されていたと言われており、それほど前から秀逸なワインが出来る場所として認知されています。ピュアな果実のアロマと複雑な香りが立ち上り、繊細な酸と滑らかなタンニンが溶け合う、妖艶なスタイルが魅力です。 ヴィンテージ情報 2019年のブルゴーニュは4月の霜害と初夏の暑さによる水不足で収穫量が大きく減少。ブドウの生命力と栽培家の力量が試された年となりました。しかし夏から秋に移る頃には冷涼な日々が続き、穏やかな収穫期を迎えたことで、上質な酸を備えたフレッシュなブドウの収穫に成功。2018年のワインが緻密なボディや凝縮感のあるスタイルであるのに対して、2019年のワインはピュアな酸が魅力の味わいに仕上がっています。 味わい 外観は深みのあるルビーレッドの色調。グラスからは、ブラックベリーやブルーベリーの豊かな果実香、エキゾチックスパイスやスモーク、ダークチョコレートなどの複雑味のあるアロマが立ち上ります。きめ細やかなタンニンと、しっかりとした酸味、豊富なミネラル感が印象的。余韻には、凝縮した果実のエキスが長く存分に感じられ、その熟成ポテンシャルの高さを見せつける圧巻の仕上がりとなっています。 ブルゴーニュ愛好家を魅了して止まないヴォーヌ・ロマネの名門、ジャン・グリヴォ。雑誌『フランス ブルゴーニュ生産者ガイド100』にて「ワインのエレガントさにかけては随一」と評される造り手です。また、アジアで初めてマスター・オブ・ワインとなったジェニ・チョ・リーMWがワイン評価誌デキャンタ2020年6月号にて、「ブルゴーニュの例外的な才能を有する10人の造り手」の1人に6代目マチルド氏を選出するなど、ワイン業界から称賛を集めています。 言わずと知れたヴォーヌ・ロマネ村の名門ドメーヌ、ジャン・グリヴォ。主にヴォーヌ・ロマネ村と、ニュイ・サン・ジョルジュ村に畑を所有し、そのうち半分以上はグラン・クリュ(特級畑)やプルミエ・クリュ(一級畑)という最良のテロワールを誇ります。現当主である5代目、エティエンヌ・グリヴォ氏の想いはただ一つ。「幸せな気持ちになるワインを造りたい」ということ。 1980年代は熟成能力の高い、凝縮感溢れるスタイルを貫いていましたが、1990年代以降、テロワールを最大限に表現するスタイルへシフト。畑ではリュット・レゾネ方式を採用し、醸造でも、低温マセラシオン期間を短めに、SO2の使用を最小限に抑えるなど、極力人の手を加えない、ブドウ本来の力に任せたワイン造りを行っています。 その結果、ジャン・グリヴォは2007年には、ワイン評価誌デキャンタにおいて、マスター・オブ・ワインであり、ブルゴーニュに精通した評論家として名高いクライブ・コーツ氏が選出した「時代を通じて活躍するブルゴーニュの10大ドメーヌ」に選出されるなど、確固たる地位を築いています。 これもひとえに、理想のワインを求める研究熱心なエティエンヌ氏の情熱の賜物と言えるでしょう。2010年からは、エティエンヌ氏の娘であるマティルド氏と息子のユベール氏がドメーヌに参画。2020年以降は、エティエンヌ氏がブドウ畑で収穫チームを指揮、マチルド氏とユベール氏は主に醸造を担当し、エティエンヌ氏の意思を継ぎながら、ファミリー全体でドメーヌを運営しています。 卓越したバランスと複雑味を纏った、官能的で優美なスタイル ジャン・グリヴォのワイン造りに関して、エティエンヌ氏が指揮していた頃からの品質面の大きなステップがありました。2009~2010年に、余計なタンニンの抽出を抑制するために、ブドウや発酵後のワインをタンクへと移す際に使用していたポンプの使用を廃止。また、2013年に新しく除梗機を導入したことで、以前よりも除梗が効果的に行われ、ワインはさらにベリー系の風味が表現されるようになりました。 テロワールの表現を重視する5代目エティエンヌ氏の想いを受け継ぎながらも、世代交代と共に進化を続けるジャン・グリヴォ。そんな彼らが生み出すワインは、妖艶なアロマとベルベットのような柔らかな舌触りが特徴。凝縮感がありながらも硬さはなく、果実を丸ごとかじったような瑞々しい風味豊かな味わいです。そのスタイルはアペラシオンを問わず、グラン・クリュからヴィラージュまで一貫しており、飲む人を至福のひとときへと導いてくれます。 特にヴォーヌ・ロマネのワインであれば、アペラシオンの個性と相乗効果となり、実に優雅な印象に。また一般的に力強く筋肉質な味わいと言われるニュイ・サン・ジョルジュのワインもジャン・グリヴォの手に掛かれば、しなやかでエレガント、若いうちからも楽しめるひと味違った仕上がりとなります。 ワインの味わいを表現する言葉の中に「Sensuality(官能的)」というものがありますが、こちらはエティエンヌ氏のお気に入りの言葉の一つ。ジャン・グリヴォが造り出す、まさに官能的な味わいのワインをぜひお愉しみください。

セール中のアイテム