Gevrey-Chambertin 1er 2016/Claude Dugat ジュヴレイ・シャンベルタン 1er 2016/クロード・デュガ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

Gevrey-Chambertin 1er 2016/Claude Dugat ジュヴレイ・シャンベルタン 1er 2016/クロード・デュガ

残り2点

¥39,600 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

商品コード57387 輸入元フィネス ピノ ノワール種100%。ジュヴレ シャンベルタン村のすぐ西側に位置する樹齢約65年の古木が多い「Craipillot(クレピヨ)」の区画と村の南側に位置し、樹齢約30年の木が多い「La Perrière(ラ ペリエール)」の区画の葡萄をアサンブラージュして造られているワイン。区画名がメジャーではないこと、合計しても約0.29haの広さしかないことなどから単独で瓶詰はせずにアルコール醗酵から混ぜて醸造しています。果物を齧ったような果実味と酸味、みずみずしいミネラルが豊かで余韻にみっちり詰まったタンニンが感じられ、奥行きの長いストレートな味わいです。 13世紀に建てられた教会をそのままカーヴとしている当家は現在約6haの葡萄畑を所有しています。最近まで当主だったクロード氏は忙しい時だけ手伝う半引退状態で、現在は息子のベルトラン氏が中心となって「良いワインは良い葡萄から」という哲学を継いでドメーヌ運営を行っています。庭ではJonquille(ジョンキーユ:黄水仙の花という意味)という名前の牝馬を飼っていて、小さな区画や古木の区画を耕させています。 特に古木の畑は葡萄の根が地中に広く張り巡らされているのでトラクターで根を傷つけたり、トラクターの重みで土を固くしてしまったりするのでこの牝馬が活躍しています。 収穫された葡萄は温度調節の容易な、酒石がびっしり付着しているコンクリートタンクに運ばれ、7~10日間アルコール醗酵が行われます。新樽が並んだ地上のカーヴでは最新のヴィンテージのワインのマロラクティック醗酵が行われ、地下水が壁から染み出ている、砂利が敷き詰められた地下のカーヴではその前年のワインが熟成されています。 新樽率はブルゴーニュ ルージュ以外は約60%で瓶詰めの際にはフィルターもコラージュも行いませんが、ワインは非常に透明感があります。近年は補糖及び補酸を全くしないでヴィンテージの特徴を活かすワイン造りをしているのでアルコール度数が低めの傾向があります。