new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

Cotes Du Rhone Rouge 2016 Ch Des Tours & Hermitage R Farcoccet 2016 J.L Chave Selection

¥17,050 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

おひとり様1セット販売とさせていただきます。 コート・デュ・ローヌ ルージュ 2016 シャトー・デ・トゥール×1本 エルミタージュ・ルージュ・ファルコネ 2016            ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション1本 CÔTES DU RHÔNE ROUGE コート デュ ローヌ ルージュ グルナッシュ種65%、シラー種20%、サンソー種15%。甘草やシナモンのような香り、砂糖漬けの赤い果実のようなアロマがとても豊かでストラクチャーもあり、スパイシーで果実味たっぷりの味わいです。 シャトー デ トゥールはシャトーヌフ デュ パプの東、ヴァケラスに隣接するサリアン村に位置し、シャトー ライヤスの醸造所とは対照的に照明が明るく、近代的な設備が完備されています。約40haの葡萄畑では赤ワイン用にグルナッシュ種、サンソー種、シラー種、メルロー種、クノワーズ種、白ワイン用にグルナッシュ ブラン種、クレレット種が栽培されています。 エマニュエル レイノ氏は父ベルナール レイノ氏と叔父のジャック レイノ氏からワイン造りを学びました。1997年、叔父から引継いだのが シャトー ライヤ (AOC シャトーヌフ デュ パプ)とシャトー ド フォンサレット (AOC コート デュ ローヌ)、そして父から引継いだのがこのシャトー デ トゥール(AOC ヴァケラス)です。 シャトー デ トゥールはシャトーヌフ デュ パプの東にあるサリアン村に位置し、こちらはシャトー ライヤの醸造所とは対照的に照明が明るく、近代的な設備が完備されています。約40haの葡萄畑では赤ワイン用にグルナッシュ種、サンソー種、シラー種、メルロー種、クノワーズ種、白ワイン用にグルナッシュ ブラン種、カリニャン種が栽培されています。 Hermitage R Farcoccet エルミタージュ ルージュ ファルコネ シラー種100%。名前の由来は昔の親戚の名前。樹齢10~60年でエルミタージュの丘の麓にある、小石が多い粘土質土壌の「Diognières(ディオグニエール)」はスパイシーさを、砂と石灰質が多い粘土質土壌の「Péleat(ペレア)」は繊細さを、円石土壌の「Greffieux(グレフュー)」はフレッシュさをそれぞれ表現する。白胡椒の香り、フルーティでドメーヌ物より早いうちから飲める造りになっていますが、複雑さと凝縮さもしっかりあります。 ジャン ルイ シャヴ氏の「ドメーヌでは偉大なワインを、ネゴシアンではおいしいワインを」という想いに基づきながら、ドメーヌワインと同じように造られています。葡萄を買ったり、ドメーヌで使わなかったワインを使ったりと、テロワールを活かしながらもリーズナブルで飲みやすいワインを目指しています。