4本セットEchezeaux 2018 Georges Roumier&M Camuzet& B D-Bissey&A GROS  G・ルーミエ/M・カミュゼ/B・デゾネイ・ビセイ/アンヌ・グロ
new
60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe 60210dbc3186253bfe133bbe

4本セットEchezeaux 2018 Georges Roumier&M Camuzet& B D-Bissey&A GROS  G・ルーミエ/M・カミュゼ/B・デゾネイ・ビセイ/アンヌ・グロ

¥220,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

条件付き こちらの商品は3本セットとさせていただきます。 商品コード 9288/59299/59471 輸入元フィネス 八田 エシェゾー 2018 ジョルジュ・ルーミエ×1本 エシェゾー ルージュ・デュ・バ 2018              ドメーヌ・メオ・カミュゼ×1本 エシェゾー V.V 2018 ブリュノ・デゾネイ・ビセイ×1本 エシェゾー レ・ロアショーズ 2018 / アンヌ・グロ×1本 ジョルジュ・ルーミエ 現当主クリストフ ルミエ氏の祖父にあたるジョルジュ ルミエ氏によって設立されたこのドメーヌは、1945年から所有者元詰でワインを造り始めました。その後、クリストフ氏の父であるジャン マリー氏が1961年にドメーヌを引き継ぎ、コルトン シャルルマーニュやミュジニーなど、徐々に所有畑を増やしていきました。そして1982年にクリストフ氏がドメーヌに加わりました。クリストフ氏はそれぞれの葡萄畑のテロワールを表現することを心掛けて、ワイン造りを行っています。 現在、ドメーヌでは約12haの畑を所有しています。葡萄の木の仕立ては片翼ギュイヨ方式で除草剤や化学肥料などは使わない減農薬農法を取り入れています。1株につき8房に制限して葡萄の質を高め、除葉をしっかりして畑の風通しをよくし、葡萄の腐敗を防ぐことに注意しています。 収穫は全て手摘みで行われ、選別は畑と醸造所とで2度行います。特に醸造所での選別は厳しく行い、健康状態と成熟具合の良い葡萄のみ残します。除梗の割合はヴィンテージとアペラシオンによって違いますが、葡萄の梗はワインにミネラル感を与えるため、酸味の軽いシャンボール ミュジニーのワインの味わいを補完してくれるので、概ね70%ほどに留めます。また、梗はワインが若いうちはフレッシュさを与え、熟成にしたがってそれが複雑さに変わるので、除梗をする際は葡萄果汁と梗とのバランスを重要視しています。そして葡萄はコンクリートタンク(アペラシオンによってはステンレスタンク)に移され、約11℃で低温浸漬を10日間ほど行います。そして1日2回櫂入れ及び液循環を行いつつ、約2週間かけて自然酵母でアルコール醗酵が行われます。その後、空圧式圧搾機でプレスしてワインは樽へ移されます。新樽率はアペラシオンごとに違い、15~40%程で16ヵ月ほど熟成させます。白ワイン以外はコラージュ、フィルター共に行いません。  当ドメーヌは世界的にも非常に人気が高く、アメリカでは当ドメーヌのラベルを偽造して別のワインに貼って販売されるという事件も起き、クリストフ氏も裁判で証言をするためにニューヨークまで行きました。そこで、2012年ヴィンテージからドメーヌからどの取引先に出荷されたかを判別できるようにタグを付けて管理するようになりました。 ドメーヌ・メオ・カミュゼ このドメーヌは、今世紀初めにコート ドールの国民議会議員であったエチエンヌ カミュゼ氏によって設立され、その後に彼の娘が畑を継ぎましたが、彼女に子供がいなかった為に最も近い親戚であったジャン メオ氏(現当主ジャン ニコラ メオ氏の父親)が畑を相続しました。最初は小作人に仕事を任せ、収量の半分を小作料として受け取って樽でワインを販売していましたが、1985年からドメーヌ元詰で販売を始めました。その後、アンリ ジャイエ氏の指導を受けた息子のジャン ニコラ メオ氏が1989年からドメーヌの仕事を引き継ぎました。 畑の仕事は、以前から小作人として働いていたクリスチャン フロワ氏がそのままドメーヌに残り、これまでの経験を活かしたアドバイスをしながら、一緒に仕事をしています。除草剤などを一切使わない減農薬農法を取り入れていて、剪定や除葉なども行って畑の中の空気循環の状態を良くして乾燥させることによって腐敗を防止し、健康で良質な葡萄を作ることを心掛けています。 収穫は全て手摘みで、選別は畑と醸造所で行います。選別は非常に厳しく行い、腐敗したものはもちろん、未熟果などもすべて取り除きます。葡萄はほぼ100%除梗し、コンクリートタンクの醗酵槽に入れて低温浸漬させ、その後に自然酵母でアルコール醗酵をさせます。特級と1級は100%新樽、その他は約50%の新樽比率で18か月間熟成させ、ノンフィルターで瓶詰されます。ピジャージュ(櫂入れ)とルモンタージュ(液循環)を同時に行える機械などの最新技術も取り入れ、よりクオリティの高いワインを造れるように心掛けています。 ブリュノ・デゾネイ・ビセイ 現当主であるブリューノ デゾネイ氏は、1975年に彼の妻の祖母が所有していたフラジェ エシェゾーの2haの畑で分益小作による開墾から始めました。1994年の義祖父母の引退時に引き継いだ畑と個人で購入した畑を合わせて5つの村に約6haを所有し、実直で真面目な性格のデゾネイ氏は伝統的な手法でクラッシックなワインを造っています。 畑の土壌は主に粘土石灰質で、仕立ては片翼式ギュイヨ方式で1株につき8房に制限しています。樹齢の古い木がとても多く、凝縮した葡萄が収穫されます。また、ブリューノ デゾネイ氏は植物保護の地方局と連携しながら、畑の手入れをリュット レゾネで行っています。 葡萄の収穫は手摘みで100%除梗し、アルコール醗酵は合成樹脂タンクで自然酵母によって15〜21日間行われます。その後、空圧式圧搾機でプレスされ、樫樽で18か月熟成されます。33%が新樽で残りは1〜20年樽になります。フィルター、コラージュは行わず、ロウソクを使ってスーチラージュします。 アンヌ・グロ ブルゴーニュ屈指の女性醸造家と評されるアンヌ・グロ。その品質と人気は非常に高く、入荷量も極僅かで大変貴重なワインです。 フランソワ・グロ氏の一人娘である1966年生まれのアンヌ氏は、1988年に父フランソワ氏のドメーヌを引き継いでからワインの世界において名声を築き上げました。25歳の時には、3ヘクタールから6.5ヘクタールにまでぶどう畑を増やしたアンヌ・グロは、最近新しいカーヴ(ワインセラー)を増設しました。 固定観念や先入観にとらわれず、自由を追求する醸造家です。女性として、アンヌ氏は体力面だけでなく、精神面でも、ドメーヌを取り仕切る能力を発揮させました。そして、家族代々の遺産をブルゴーニュ地方において最も有力なドメーヌの一つへと昇華させました。ブドウ畑とワインへの情熱に導かれた若いアンヌ氏は、1984年にはそれまで行っていた文学研究を中断し、ボーヌとディジョンでぶどう栽培学とワイン醸造学を学ぶこととなりました。才能、感受性そして専門性を伴った彼女は多くのワイン愛好家から支持されるようになりました。3人の子供の母であるアンヌ氏は、ドメーヌでの仕事及び家族のために全ての時間を費やしています。